アラフォーからの海外ひとり旅

「ひとりでも海外旅行したい!」をかなえる女子のためのブログ

愛すべき変人たち

断捨離をしていたらクローゼットの中から友達の作品資料が出てきました。

f:id:eri-trip:20200329190848j:plain


友達の彼氏繋がりで仲良くなった藝大出身の人からもらったものです。
これは関係者に配っていた資料らしいのですが私にも記念にくれました。
私の地元(ド田舎)では藝大に合格すると新聞に載っちゃうぐらいすごいことで(東大合格と同じぐらいの扱い)、会う前は話も性格も全然合わないんじゃないかとドキドキしたんですが、意外や意外、とっても仲良くなりました。
この人ともう一人(こちらも藝大出身)と意気投合し、毎日一緒に遊んでいた時期がありました。
彼らは生まれも育ちも東京なのですが、1人の親戚の家がこちらにあって2週間ぐらい滞在して東京に帰る、というような生活を繰り返していました。
そこには広いアトリエがあり、制作活動するのにとても環境が良かったそうです。


私は絵を観るのは好きですがまったく詳しくありません。
下手に詳しい人のうんちくを聞くのにうんざりしている彼らにはそれも良かったみたい。
だから話す内容は絵画や美術のことはほぼゼロ、好きな音楽のことやバカな話ばっかり、あとはゲームを一緒にしたり、釣りに行ったり、飲みに行ったり、壁に落書きしたり、アトリエで音楽を爆音で流して歌ったり踊ったり。
1人はバンドマンだったので東京までライブを観に行ったりもしてたなぁ。
藝大の実技試験はどんなことをやるのか、どんな人たちがいるのか、ここでは書けないような話もけっこう教えてもらいました(笑)
海外でアート展があると彼らは宿もとらずに日本から飛び出し、「いやー、ホテルがいっぱいで野宿するところだったよー。でもいい人に出会ってなんとかなったわー」と笑いながら帰ってきました。
海外に行ったこともなかった私はそんな自由な彼らに強く憧れていました。
私が海外旅行を始めたのは、彼らに影響された部分も少なからずあると思います。


「こんな変わった人に会ったのは初めてだよ」と柔らかく伝えたことがあったのですが、すかさず、
「いや、エリちゃん自分で気づいてないかもしれないけど俺たちの友達の中でもトップクラスでイカれてるよ?(笑)」
イカれてる!?
しかもエリート級…
彼らからしたら凡人の私のほうが変な人に見えるんでしょうね。
人の感じ方っておもしろい。


私が好きなブロガーさんも普通じゃない人生を歩まれているイカれた方々が何人かいます。
基本的にそういう人に惹かれるみたい。
失礼かもしれないのでここでは名前は伏せますが…好きです!


あの頃は毎日楽しかったな、なんて思い出してしまいました。
今が楽しくないわけではないけど…あの頃の私と今の私では随分変わってしまったなー。
昔の思い出は眩しいです。


結局断捨離は中途半端で終了。
思い出の品とか写真とかが出てくるともうダメですね。


この資料は彼らが大物になったときのために大事にとっておこうと思います。
そんでいつか自慢しまくるんだー、ぐへへ。