アラフォーからの海外ひとり旅

「ひとりでも海外旅行したい!」をかなえる女子のためのブログ

「パラサイト 半地下の家族」観た、チャパグリ美味そう

ついに観ましたパラサイト
映画館で映画観たの何年ぶりだろう。


f:id:eri-trip:20200215115012j:plain


アカデミー賞候補に挙がってから地元でやっと上映が決定、公開は先週のことです。
田舎だし需要がないからしょうがないか。
行った日はシネマデーで1200円で観られるにもかかわらず、平日の上映とはいえ座席はスッカスカ。
4分の1埋まってたかどうかもあやしいです。
でもゆったり観られて良かったです!(負け惜しみ)


ネタバレしそうなのでストーリーは詳しく書きませんが、始終どえらいことが繰り広げられているのに淡々とコトが進みます。
かと思えば「クスッ」と思わず笑ってしまうユーモアや、シャイニングを彷彿とさせるような本格的なホラー感もあります。
そして何が素晴らしいって、貧しく汚らしい半地下住民と坂の上に住む優雅で華やかな富裕層のコントラスト、効果音や音楽もうまーいタイミングでドッカーン!と使い、とにかく観ていて惹き込まれます。
あっという間の130分。
ハリウッドとはまた違う派手さがありました。
また驚いたのが「におい」。
映画って視覚や聴覚はフルに刺激してくるけど、嗅覚って観ていて実際においがするわけじゃないし想像でしかない。
ところがこの映画は嗅覚も刺激してくる。
消毒剤の臭い、古い切り干し大根の臭い、煮沸したふきんのような臭い……自分の鼻がおかしくなったのかと思うぐらい。
幻嗅を起こすほどの想像力をかきたてられました。


私が個人的に気になったのはチャパグリ
日本語訳では「ジャージャーラーメン」となっていましたが、韓国では「チャパグリ」といわれているそうです。
これは「チャパゲティ」と「ノグリ」という韓国の即席麺をミックスして作る一品。

 


私は韓国料理が好きなのでこの「チャパゲティ」、実はよく食べています。
初めて食べたときは「うげ、まっず!」と思いました。
黒いソースで味が濃そうな見た目を裏切りなんともボヤけた味。
しかもなんか焦げ臭い。
こんなものが韓国の国民食なわけ?!
なににも例えられない日本にはない味。
しかしどうでしょう。
これが2回3回と食べていくと(5袋セットを買ったため)だんだん「あれ?おいしいかも…」、今では好きになってしまいました。
中毒性があります。
ノグリは辛いラーメンでまだ未経験です。
代わりに辛ラーメンでもいいかな?だめ?
映画ではこの2種類の即席麺を混ぜて牛肉を入れてました。
めっちゃおいしそうでしたぁ。
結局食べ物っていう(笑)


韓国熱が高まります。
行ったことないけど。


この映画は映画館で観たほうが何倍も楽しめると思います。
おすすめします!