アラフォーからの海外ひとり旅

「ひとりでも海外旅行したい!」をかなえる女子のためのブログ

【シンガポール女ひとり旅・2018年8月】その2~トランジットホテル~

www.eri-trip.com

チャンギ国際空港に到着してホテルにチェックインします。
今日泊まるホテルは空港制限エリア内にあるトランジットホテル、Aerotel Transit Hotel Terminal 1です。
チャンギ国際空港はかなり広く、現在ターミナルは1~4まであります。
トランジットホテルに泊まるなら自分の飛行機が到着するターミナルのホテルを予約するようにしてください。
JALならターミナル1です。
違うターミナルのホテルでも大丈夫なのですが、電車(スカイトレイン)での移動が面倒です。
アエロテル トランジット ホテル ターミナル 1(シンガポール)– 2019年 最新料金


制限エリア内なので入国審査をする前に宿泊することになります。
ですから預け荷物はまだ受け取れません。
シャンプーやボディーソープなどはホテルにありますが、化粧品やクレンジングやコンタクトレンズなどは手荷物バッグに入れるように気をつけてください。
スーツケースがそのまんま放置ってのが気になりますが、どうしようもないのでそのままホテルにチェックイン。
フロントの人が早口なうえシングリッシュ、私の英語力の問題もあり5割ぐらいしか聞き取れませんでした。
Wi-Fiパスワードもらったし、まあいーか。
海外ひとり旅でだんだん度胸がついているのがわかります。


このホテルの滞在時間は6時間だけ。
6時間滞在で5500円ほど。
1時間ごと延長もできます。


さあ、さっさとシャワー浴びて寝よう!
ということで部屋の写真は撮り忘れ。
窓無しの寝るだけの部屋ってかんじです。
トイレとシャワーは共用ですが部屋はちゃんと個室です。
でも冷房が効きすぎていてかなり寒いので羽織るものは必須です。
(冷房の強さは自分では調節できません)


それから日付をまたぐときの予約ってよくわからなかったのですが、到着が8月12日の0時半のときは8月11日予約でOKだそうです。
無事に泊まれてよかった。


次の日の朝。
実はこの金額で朝食付きです。

f:id:eri-trip:20191009184302j:plain

ここが朝食を食べるスペース。
結構広くてきれい。
コーヒーも飲めます。


オーダーを取りにきてくれるので4種類ぐらいのメニューの中から選びます。
私が頼んだのはこれ。

f:id:eri-trip:20191009184444j:plain

ごはんとチキンと汁物。
これがチキン独特のくさみが消えてなくてあまりおいしくなかった(´;ω;`)
違うメニューを頼めばよかったです。


早々とチェックアウト、スーツケース取りにいかなくちゃいけません!
私の荷物は無事だろうか…。
入国審査はあっという間に終わり、バゲージクレームへ急ぎます。


そこにはトランジットホテルに泊まった人たちのものであろうスーツケースが山積み。
私のスーツケースもちゃーんとありました。
すぐそばにいたスタッフらしきガタイのいい男性に「これ持って行っていい?」と指さして目で合図。
するとめんどくさそうにあごをくいっと動かし「持ってけ」。


えーーー!てきとー!


おおらかな国、シンガポール


そんなシンガポールのことがこれからもっと好きになります。


続く。