アラフォーからの海外ひとり旅

「ひとりでも海外旅行したい!」をかなえる女子のためのブログ

iPhone11はデカくて重い!でもeSIMとカメラは使える

iPhone11が意外と安かったので買いました。
届いてからちょっと後悔。


でっかくて重いよー(´;ω;`)
ケースをつけるとさらに持ちにくいし、長時間使っていると疲れます。
手の小さい女性には辛いものがあります。
iPhoneⅩが恋しい。


でも悪いところだけじゃなく、いいところもあったので紹介。

海外で使えるeSIM

デュアルSIMっていうからSIMカードを入れるところが2つあるとばっかり思っていたらeSIMなんですね!
eSIMは端末内に部品が組み込まれていて、SIMカードを挿入する必要がありません。
通信事業者が提供するアプリやウェブサイトから通信プランを契約することで、その場ですぐに使えるようになります。
国内でeSIM対応しているのは格安SIMIIJmioだけ。
私はNifMoだから関係ありませんでしたー。
そろそろ乗り換え検討中です。


しかし!!
海外旅行をする人ならeSIMはとっても便利
調べたところ、ヨーロッパ、アメリカ、アジアでeSIMが使えます。
オンラインで契約してすぐ使えるし、海外ローミングよりもSIMカード買うよりも安いです。
早く使いたくてうずうずしています。

超広角レンズ

広角レンズと超広角レンズ、2つのレンズが搭載されています。
これは嬉しい機能です。
iPhoneⅩに搭載されているのは広角レンズと望遠レンズでしたが、望遠レンズは一回も使いませんでした。
望遠いらないから広い画を撮らせてよ!と思っていました。
だから私にとっては11proのトリプルレンズ(広角、超広角、望遠)は全然魅力なしです。
蓮コラみたいで苦手だし…。


それでは超広角レンズの実力をごらんください。


広角レンズ

f:id:eri-trip:20190926210517j:plain


超広角レンズ

f:id:eri-trip:20190926210537j:plain


同じ距離で撮った写真ですが、けっこう広い画角で撮れます。
今まで広角レンズのみで撮っていたときのストレスが解消されます。
歪みは気になりますがそこはスマホということで、ま、しょうがないかー。

まとめ

まあいろいろ不満はありますが、この機能で7万円台で買えるんだったらいいかな?と自分を納得させています。
しかもⅩの下取りが38,230円だったので実質4万ちょっとで買えたことになります。
重いというのは旅行では致命的ですが、それでも一眼レフを持ち歩くよりは重くないです。
私はほぼiPhoneのみで写真を撮っているので、これ1台で済むなら大したことないと思います。
(予備のリコーⅢを持ち歩いたりすることあり)
でも次にもっと軽くていいのが出たら替える可能性は十分あります(笑)