アラフォーからの海外ひとり旅

「ひとりでも海外旅行したい!」をかなえる女子のためのブログ

海外旅行の楽しみの2割を占める?空港ラウンジの楽しみ方を徹底解説!

f:id:eri-trip:20190801143934j:plain
こんにちは、ERiです。
空港ラウンジは利用したことはありますか?
私は絶対に利用したいので、チェックイン開始が始まる時刻(出発3時間前)には空港に到着するようにしています。
シンガポールチャンギ国際空港のように、チェックインが24時間前からできるところなら、もっと早く行くこともあります!

それでは空港ラウンジとはいったい何なのか、何をするところなのか、説明していきたいと思います。

空港ラウンジとは何か?

フライト前の時間に利用できる待合室のことです。
このラウンジには種類があります。

国内空港ラウンジ

全国28空港にあるラウンジです。
これは一般的にゴールドカードやプラチナカード(VISA、JTBなど各種)、アメックスなどステータスの高いカードを提示すると利用できます。
ドリンク無料サービスがあります。

航空会社ラウンジ

航空会社が運営しているラウンジです。
ファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミー利用時、または各航空会社の上級会員(ステータス会員)でないと利用できない、特別なラウンジです。
同行者は1名様まで無料で利用できます。
私は今年から晴れてJALのステータス会員(サファイア会員)になったので、JALが運営する「サクララウンジ」が利用できます。

私は8月にJALでパリに行きますが、「パリ・シャルル・ド・ゴール空港」にはサクラランジがありません。
せっかくJALで行くのに、それじゃあ意味ないじゃん!
と、思うかもしれませんが大丈夫。
ここではサクララウンジのかわりにエールフランス航空運営の「エールフランス・ラウンジ」が利用できます。

海外空港ラウンジ

プライオリティ・パス会員カードを所有していると使えるラウンジです。
プライオリティ・パスとは世界1,200か所以上の空港ラウンジが利用できるサービスです。
このプライオリティ・パス会員になるには楽天プレミアムカードに申し込むのがダントツでお得です。
通常なら$399の年会費がかかるプライオリティ・パス会員。
この特典が楽天プレミアムカード(年会費10,000円)についてきます。
私もこの楽天プレミアムカードでプライオリテ・パス会員になっています。

何よりもいいのがプライオリティ・パス会員になっていると、LCCに乗ろうが、エコノミークラスだろうが、いつでもどこでもラウンジを利用できること。
私の場合ですと、JALを利用したときはエコノミーでもJALのラウンジを使えますが、ANAを利用したときははJALのラウンジは使えません。
こんなときはプライオリテ・パスを持っていると海外空港ラウンジが使えます。

ただし同行者がいる場合は、ラウンジ利用時1名につき3,000円の使用料がかかります。
2人以上の旅行では、同行者がプライオリティ・パス会員でなければ利用しづらいのが現実です。
しかし、ひとり旅をよくする方にはかなり使えるシステムです。

ちなみに私は去年、シンガポールチャンギ国際空港で空港ラウンジを3つはしごしました。
チャンギ国際空港はプライオリティパスラウンジが11か所もあるのです!
それぞれの色があって、ラウンジ巡りも楽しいものですよ。

ラウンジで何するの?

実際、ラウンジでできることって?
ということで、どのようなサービスがあるのかご紹介します。

安定したwifiを利用できる

ラウンジの何がいいかというと、ゆっくりとテーブルについて無料wifiをつないで作業ができること。
お仕事をされている方もけっこういます。
パスワード設定されていて、ラウンジ内に案内がある場合が多いです。
わからない場合はスタッフに聞くと教えてくれます。
「Can you tell me WiFi password?」
で教えてくれます。

食事、ドリンクの無料サービス

f:id:eri-trip:20190801150855j:plain
無料でドリンクやお料理のサービスもあります。
ちなみにアルコールも無料で飲み放題!
食事の場合はビュッフェスタイルですが、カウンターで注文してできたての温かいお料理を出してくれるところもあります。
注文の際は指さしで「This one, please」でOK。

私はそこでワインやシャンパンを飲み、パソコン作業ができないことがあるので控えるようにしています(;^_^)
また、ラウンジのお料理がけっこうおいしいので、ビジネスクラスに乗るときは気を付けましょう。
機内での豪華な食事ができなくなってしまいます(笑)

シャワールーム

長いフライトになると10時間以上もシャワーを浴びることができません。
ですので、シャワーを浴びてさっぱりしてから飛行機に乗りたいところ。
私は夜出発便で帰ることが多いので、シャワールームがあれば必ず利用します。
混んでいるときもあるので、ラウンジに入ったらすぐにシャワー利用の予約をするのがベストです。
混んでいなければすぐ通してくれますよ。

シャワールームにはシャンプーやコンディショナー、ボディーソープ、ドライヤー、タオルが完備。
私は海外製のシャンプーがあまり好きではないので、普段使っているものを小さい容器に詰め替えたものを持っていきます。
(預け入れ荷物に入れてしまわないように注意!)
一回使い切りのタイプのものを持っていくこともあります。
かさばらないし、使ったら捨てられるのがいいですね。

f:id:eri-trip:20190801150916j:plain

さて、ラウンジの魅力を紹介してみました。
最近では真麻さんがテレビ番組でラウンジの紹介をしていますね。
私もまだまだ行ったことがないラウンジがたくさんあるのでいろんなところに行きたいと思っています。

シャルル・ド・ゴール空港のラウンジレポートもする予定です!
そのときはまた読んでくれると嬉しいです!